「みんなで助け合うサークル」

イッシーです。

先日の走行会中にチェーンが切れました。
チェーンの交換目安は、3000~4000㎞。
そろそろ交換しないと・・・と思っていた矢先のことでした。

サークルの走行会では、平均して1回が約50㎞走ります。
年間、約20回の走行会に全参加すれば、早くて3年サイクルで交換時期がやってきます。
私の場合はサークルをスタートさせてからは、ソロライドはゼロだったので実際のところサークルライドのみ。
設立から5年。全く交換せず、程々の清掃と注油で乗り切ってきました。

でも、切れる時は切れるんです。。。
チェーンが切れるとね、、、お察しの通り、帰れません・・・
でも、走行会中であればメンバーの誰かが救世主になってくれます。
(定番はパンク修理だけどね。)

でも、今回はいつもと違ってチェーンが切れるというトラブル。
スタートして、全体の1/3程しか走ってなく、スタートから10㎞ほど。
10㎞歩こうと思ったら、2時間強くらいかな。
とりあえず成す術なく・・・

動画で修理に必要なものや復帰手順がわかっていても、いざなってみるとパニックに。
冷静に居ようとしても焦りと恥ずかしさが入り混じりアタフタ。(笑)
これがひとりの状況で起こってたら、なおさらパニックだったんだろうなと思いました。
これがサークルでは違って、周りに冷静な知り合いがいるだけでも、気持ちが違うんです。
ある意味、心強い救世主ですね。

幸いにも今回、「ミッシングリンク」と呼ばれるチェーンを繋ぎ合わせるパーツを持っているメンバーが参加メンバーの中に居たので、近くの自転車屋まで押して歩くことなく、助けを借りて復活できました!

サークルコンセプトのひとつ「みんなで助け合うサークル」エピソードでした。

2021年2月16日 | カテゴリー : 未分類 | 投稿者 : lrg-cc.com